ちゃんと君を愛してる

客観的に見ると「家庭内職務=お母さん」な自分自身
「母の日はママに感謝」と言うけれど… ママの本当の生活、知ってますか?
のポストに触発されて自分自身の定番の出勤日の時間を書いてみると自他ともに認めてはいたものの、やはり家庭内での私の職務はお母さんのそれでした。
朝の時間

04:00 起床と同時に洗濯開始
04:15 英語の練習
04:30 ヨガ・ストレッチ
04:50 洗濯物を干す・2回目洗濯開始
05:05 仕事/読書/プログラミング (3:30に起きれた日は30分多くとれる)
05:45 身支度(出勤準備)
06:00 音の出にくい掃除+洗濯物をたたむ
06:15 朝食準備
06:45 娘が起きてきて一緒に食事
07:00 妻を起こす
07:05 洗濯物を干す
07:20 娘の保育園準備
07:45 保育園に出発
08:05 出勤
5:05からの時間が私のゴールデンタイムですね。
この時間を利用して家事・育児のために自分で使うWEBアプリを作っています。
ただ、お弁当の日はゴールデンタイムどころか他の時間も削ってお弁当づくりに当てるんですが、どうしても音が出るので子供が起きてくるのでてんやわんやです。
夕方から

仕事が終わってここから本格的な分刻みでてんやわんやな時間が訪れます。
18:00 会社を出て娘を迎えに行く
18:20 夕食の材料を調達(行かなくていい日は前倒し)
18:40 夕食作り開始
19:10 洗濯物を取り込む
19:20 食事開始
19:50 娘と入浴
20:15 娘との遊び時間(夕食の材料調達がなければ時間延長)
20:30 寝る前の読み聞かせ
20:45 就寝
こうやって時間をきっちり書いてみると出勤日はあまり娘との時間をとれてあげれてないな、と改めて申し訳ない気持ちになりますが、その分休みの日は朝から寝るまで二人でぐったりするまで遊びまわってます。
感謝

最近は朝焦っている私に「朝は忙しいけん早くするね」と声をかけてくれることもある娘にやっぱり申し訳ない気持ちと同時に感謝の気持ちでいっぱいです。
こんな生活ができるのも義理の母のサポートと職場の理解が大きいです。
というよりご理解がなければ破綻しているので本当に心から感謝です。
母の日(父の日と書くべきか)に感謝の気持ちをもらえなかったとしてもこうやって子供のために生きていることを実感できている毎日が「しんどっ」と思うこともある苦労の報酬なんだとしみじみ感じるわけです。
きっとサイボウズの某CMのように感じるお母さん・お父さんもいると思いますが、私自身はこのスタイルで家庭を支えると、と自分から進んで選んだからこそ今の生活に前向きで充実感を感じることができているんじゃないか、と。
「母親だから当然」という流れでやってる・やらされてるとやっぱり「つらい」気持ちが私よりも重いんじゃないかな、とも思う今日このごろです。
娘へ

某CMですが、今回まじめに見てみて号泣しました。
(続編を見て「は?」と怒りがこみ上げたのは言うまでもありませんが。。。)
全部のシーンがわがごとのように浮かんできます。
このお子さんの「ママ大丈夫」のセリフ、私自身も言われたことがあります。
娘を本当に愛せているだろうか?と自問自答することもあります。
でも、大変だろうとなんだろうと娘と一緒にがんばろう、娘に心配させなくていいように頑張ろうと自分自身に声をかけるわけです。
大丈夫、うまく出来ないことがたくさんあるけど、今日も君を愛しる。

最後に

今回これを書こうと思ったのは、冒頭のポストに触発されたのと、
「女性の社会進出」促進をするのであれば、働き盛りと言われていた20代/30代の男性がここまでとはいかなくても、こういったことを「手伝う」じゃなく、ちゃんと理解してもらったうえで、こういうを当たり前にするようになる男性が増えることを許容していることを前提にしてますよね?
という意見を書きたかったのもあります。
追伸

ちなみに保育園で「シングルファーザー疑惑」が出ていると噂を聞いたんですが、妻は妻で私達が寝静まって帰ってくる激務の中で3人分の食器を食洗機に入れる、とちゃんと家>事をしてくれてるので、一応(?)家事の分担もしてるし、娘は両親2人でちゃんと支えているんですよ、とここで弁明をしておきます。

キャプテンサンダーボルト読了!

凄かった!

ネタバレするといけないので内容は書かないけど、伊坂幸太郎作(実際には共作だけど)の中で一番とも言える面白さだった。

とにかく疾走感がすごい。

これぞ伊坂幸太郎!といえる伏線と、「ここでか!?」という回収。

読み始めたら止まらないので若干家族に迷惑をかけつつ本当に読んでよかった。

それにしても、これ読むとコピー機が怖くなる・・・

とにかくお勧めです!

検温記録WEBアプリを作りました

3歳の娘が頻繁に熱を出すので検温結果を一時的に記録するための簡単なWEBアプリを作りました。

[レコネツ – 検温記録アプリ](http://apps.22labs.net/RecoNetsu-ST)

http://apps.22labs.net/RecoNetsu-ST/

データ保存はlocalstorageを使ってるのでブラウザのキャッシュをクリアしてしまうとほとんどの端末では検温結果履歴も消えてしまします。

使ったフレームワークはSencha Touchで、ほとんどは前回作ったパスワード生成アプリの焼き直しです。

今回新たに試したのはdatetimeスピナプラグインとリスト内のグループ(日付)表示です。

画面は今のところ登録画面と履歴画面の2つだけ用意しています。

堀江さんの「ゼロ」読了

「ゼロ」を読んでみて、誰もがわかっているけど当たり前のことを愚直にやった先にしか成功は見えてこない、ということを再認識させられました。

本の中は

– 挑戦
– 努力
– 成功

のサイクルについて言葉を変えて伝えています。

そしてサイクルを回す中でのコツ、スピードという大事な掛け算要素もしっかりと伝えています。

チャンスはあらゆる人の前に流れてくるからこそ、素早く躊躇せずチャンスをつかみ、仮説を立て実践し、試行錯誤を繰り返すプロセスを「やらされるのではなく」没頭し、80しかできないときに100の仕事を成功させることで120の仕事を任せてもらえ、その120のチャンスを誰よりも早くつかんで形にすることを繰り返す。

ホリエモン像からは意外なほど当たり前なことを本当にわかりやすく伝えています。

それでも、

チャンスの大小を見極めようと悩む

無駄な行為からなかなか脱却できないのが

悲しい性です。

が、どんなビジネス書、自己啓発書よりもわかりやすく行動に移す気にさせてくれる本だと思います。

仕事に疲れたとき、自信がなくなったとき、時々読み返すべき良書です。

娘のお気に入りの子守唄

生後間もない頃から抱っこして歌い聞かせしていたせいもあって我が家の娘は
Stand By Me
Country Roads (John Denver)
が大好きなようで、この2曲を歌うと機嫌が悪い時でもニコニコしています。
この2曲以外に寝付きやすいのが、
Every Little Part Of Me (Victoria Beckham)
I Won’t Last A Day Without You
です。Every Little Part Of Meはちょっと別になりますが、やっぱり長く歌い継がれている曲は赤ちゃんにも心地いいんですね。
そろそろ他の曲も歌ってあげたいな、と思って年末年始は、Jackson5のI’ll be thereの歌詞を覚えようと思います。
みなさんのおすすめの赤ちゃんに聴かせる唄はどんなのがありますか?

娘のお気に入りの読み聞かせリスト

[子育て 読み聞かせ Advent Calendar 2013](http://www.adventar.org/calendars/165)の12/22を担当します。

## 読み聞かせ習慣

生後3ヶ月位から読み聞かせを始めて2歳6ヶ月になった最近の娘はお昼寝前と夜の寝る前に自分から何冊か絵本を持ってきて30分から1時間の読み聞かせをしています。

## 内容

今回は最近のお気に入りの絵本の紹介と、もう卒業ぎみだけど娘が気に入っていた絵本を紹介します。

### 最近のお気に入り

#### みんなでたのしいクリスマス

これは本当におすすめです。

大人が見ても心あったまるイラストとちょっとした装飾が子供の関心をひくので大人も子供も楽しめます。

私は冒頭の歌をオリジナルで歌っていたら娘も覚えてしまいました。

#### きかんしゃトーマスとがんばるなかまたちのおはなし

トーマス好きの娘が私の父にねだって買ってもらったものです。

付属の付録でも楽しめます。

#### きかんしゃトーマスあたらしいきかんしゃとだいぼうけん

電車好きの娘が最初に私の父にかってもらったトーマス本です。

付属の紙芝居セットを一体何度読んだことか。

#### せんろはつづく

電車好きの娘が本屋で自分から持ってきました。

次に紹介する続編よりもこっちのほうがオリジナルストーリーを作ったりイラストの細部でいろんなことを話しかけるのに良かったです。

#### せんろはまだまだつづく

上の本ほどは執着してないみたいだけど、イラストの気になるところを見つけて色々と質問をしてきます。

#### Swimmy

最近少しづつ英語から遠ざかりつつある娘もこの本はじっと、必ず2回聞きたがります。

#### 森の戦士ボノロン ママの宝ものの巻

これはセブンイレブンで無料配布してくれているボノロンの絵本。

2歳の子には長すぎるかなぁ、と思っているんですが、すごく気に入っているようです。

#### A Color of His Own

1歳位の時にはまだ早かったけど最近になってよく持ってくるようになりました。

ここにあげている、本(トーマスは少し毛色がちがいますが)は大人が見てもずっと残しておいてあげたいと思う温かいイラストが多いのが特徴です。

子供もやっぱり温かい絵を見て落ち着いているのかもしれません。

### 卒業した絵本たち

卒業してしまったけど特にお気に入りだった絵本を紹介します。

ここのあたりは英語が多いです。

が、英語が読めまなくても楽しめるものが多いです。

#### Peek-a-moo!: A Lift-the-flap Book

初めて買った絵本です。

3ヶ月位で読み始めました。とても気に入っていたようなので、同僚のお子様の出産祝いにもプレゼントしました。

今では破れてしまってほとんど読めません。。。

#### Dear Zoo: A Lift-the-Flap Book

色々な擬音語や動物の特徴を一生懸命伝えていた覚えがあります。

#### The Very Hungry Caterpillar board book

定番ですね。

これのおかげで今でも数字は英語が先に出てきます。

#### Where’s Spot (color)

娘を楽しませるためにいろいろな想像力を働かせていました。

楽しかったです!

#### Let’s Play

このシリーズは絵が可愛いです。

#### How Do I Love You?

読んでいて心が暖かくなります。

子供のことをより好きになると思います。

意図的に復活させたいと思っている本です。

#### I Love You Through And Through

すごくお勧めです!!!

このくまさんのカッコを真似する子の可愛さ見たさに何度も何度も読んでいました。

#### From Head to Toe Board Book

これも子供がいろんなポーズを真似て楽しんでいました。

#### Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

同じくポーズを楽しむシリーズです。

### 絵本を買う頻度

英語を1冊、日本語の絵本を1冊ずつ毎月私の小遣いから買っています。

プラス両方の実家から買ってもらっている絵本がプラスアルファで追加されます。

会社の先輩が書いた「本で出来た家」というエッセイを読ませていただいたことがあります。

娘にはたくさんの絵本・本に出会わせてあげたいのでこれからもたくさんの機会を作ってあげたいとおもっています。

### 絵本の選び方

最後に絵本の選び方ですが、娘が絵本を気に入る要素が2つあります。

自分で選ぶ
親自身もその絵本が好き
なので、本屋に行っても好きな本を選んでくるように言っています。

時々、「難しすぎないかな?」「簡単すぎないかな?」と思う時もありますが、自分が選んだ絵本にはなにか好きな要素があるはずで、どんなに私がいいと思っても自分が選んだ本のほうが楽しめるようです。

また、親自身がその絵本を楽しめないと当然子供も楽しめないみたいなので、そういう本はだんだん本棚の隅っこの方に行ってしまします。

という、娘が絵本を気に入る要素があるようです。

今年のAdvent Calendarもあと僅かですが、この[Advent Calendar](http://www.adventar.org/calendars/165)にはとても魅力的な本がたくさん紹介されています。

ぜひ絵本の読み聞かせを楽しんでいるお父さん・お母さん、絵本好きの方は読破してみてください。

お食い初め

昨日、9月17日は娘のお食い初めをとり行うため、実家の北九州まで行ってきました。
せっかくなんで、両方の両親と、と思っていたら、弟と、両親の両方の母(私から見ると両方の祖母)も参加して、合計10人でのにぎやかなお食い初めになりました。
娘のおかげで、思う存分魚料理をたくさん食べれました。
これで桃の節句と1歳の誕生日まではお祝い事はないので、12月には半年のお祝いを家族3人でささやかにおいわいでもしようかな、と思います。
それにしても、日に日に成長する姿を見ていたので、
「まだ3ヶ月しかたってないのか」とビックリするとともに、あっという間の3ヶ月でした。
最近はひとりでうつむせをできるようになったので、心配事が増えましたが、
「目を離さないで」
という合図なんだと思って、しっかり見守っていきます!

娘の奮闘と成長

娘が生まれて2か月半が立ち、先週から夜寝る前に、娘の機嫌のいい時間帯を狙ってお父さん(私)のお腹の上でうつぶせになって首を持ち上げる練習をしています。
一番最初は娘もパニックを起こしたようで、聞いたことのないような鳴き声を上げたんですが、次の日からは泣くことなくちょっとずつですが、首を持ち上げるようになってきました。
うつぶせになると「ふー、ふー」とちょっとだけ息が上がってますが、呼びかけに応えるように首を持ち上げ、目が合うとニコッと笑ってまた胸に顔をうずめて休憩しています。
ひとつずつできることを増やそうと一生懸命な娘の成長を毎日見れるのはこの上ない幸せです。