Touch BarつきMacbook ProのAtomでvimモードを使いやすくした

新しいTouch BarつきのMacbook Proでvimキーバインドをつかおうとすると、Escキー(ボタン?パネル?)が押しづらい。

 

とはいえvimのキーバインドに慣れてしまって今更Emacsキーバインドに戻ったり普通のキーバインドではやる気になれないのでEscキーを使う以外の方法でノーマルモードに戻るためにAtomのキーマップに以下を追加。

 

[javascript]

‘atom-text-editor.vim-mode-plus’:
‘cmd-[‘: ‘vim-mode-plus:reset-normal-mode’

# 追記: emmetの展開をtabからcommand+eに変更
‘atom-text-editor[data-grammar="text html basic"]:not([mini]), atom-text-editor[data-grammar~="erb"]:not([mini]), atom-text-editor[data-grammar~="jade"]:not([mini]), atom-text-editor[data-grammar~="css"]:not([mini]), atom-text-editor[data-grammar~="stylus"]:not([mini]), atom-text-editor[data-grammar~="sass"]:not([mini]), atom-text-editor[data-grammar~="scss"]:not([mini])’:
‘cmd-e’: ’emmet:expand-abbreviation-with-tab’

[/javascript]

 

まだついつい押下感のないEscキーに指が伸びる癖は治らないけど少しづつ作業効率が戻りつつあります。

 

っつ〜か、物珍しさにつられてTouch Bar付きのMacbook Proを選んだけどvimキーバインド以外でも結構Escキーにお世話になることが多くて

「せめてEscキーをどうにか収める方法なかったのかよ!」

とAppleにクレームを付けたくなってくるレベル( – -; )

 

追記

Atomで選択範囲を解除するときはCmd+uで代用できることがわかったのでAtom上ではほぼEscいらなくなってきました。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *