現在の機材紹介

約15年ぶりにギターを再開し機材の断捨離を実行したのでまずは現在の機材紹介を書いてみます。

 

gears

 

メインギター

  • Ernie Ball Music Man Axis-EX

 

サブギター

  • Fender Japan ST54-70AS (ネックはFender Mexico製で換装)

 

エフェクター

  • tc electronic POLYTUNE 2
  • VOX Wah V847
  • BOSS OD-1
  • MXR EVH Phase90
  • MXR M-169 Carbon Copy Analog Delay

 

アンプ

  • LINE 6 POD (シュミレータですね。。。)

effectorboard

 

今のところ家弾きばかりなのでLINE 6 PODの初代をアンプ代わりにしてBEHRINGER UCG102でMacbook Airにつないで練習しています。

基本的にはアンプ直でヴォリュームとピッキングでどうにかすればいいと思っている方なんでチューナー以外は9割がた寝てるんですが・・・

最近はジミヘンばかり練習しているのとストラトの期間があまりに長かったのでストラトの音がどうも肌に合うようでAxis弾いててもST54-70ASの音に似せようとしている自分がいるのでサブギターをメインに昇格を、と思いつつネックの気持ちよさのためにAxisに立ち返ってしまうけどそれでもシングルコイルがやっぱり好きで、ってところで見つけた(いや、買えないけど)のがこいつ!

Cutlass&

 

シングルコイル、ちょいぶさいくだけど小ぶりなストラトフォルム、4:2のヘッドにメイプルネッ篩板が出てしまってますが)が出てしまってますが)にMusicman特有のネック幅!

すべてが私のためのようなモデル!
もちろんAxisの大好きなんだけどやっぱり自分がいます。

エフェクターの使い道や機材遍歴はおいおい書いてみたいと思います。

WordPressにGoogle Analyticsを導入する

WordPressにGoogle Analyticsの設定をいれたのでその手順を残しておきます。

1.Google Analyticsアカウント作成

https://analytics.google.com/analytics/web/#provision/SignUp/

にアクセスしてSign Upボタンをクリックします。

signup

 

次に新しいアカウント情報を入力します。

newaccount

Get Tracking IDをクリックすると利用規約同意のポップアップ画面が出るので同意するとTracking IDが表示されます。

trackingid_code

2. WordPressプラグインの「All in One SEO Pack」の導入

WordPressのDashboardを開いて[Plugins]→[Add New]でAdd Pluginsの画面を開いてAll in One SEO Packを検索します。

検索結果が表示された[Install Now]ボタンを押してインストールします。

allinoneseopacksearch

インストールが終わると[Install Now]が[Active]に代わるので[Activate]ボタンをクリックしてプラグインを有効化します。

有効にするとAll in One SEOの設定画面が有効になるので、Generalタブの中でGoogle Analytics IDの欄を探して自分のGoogle Analytics IDを入力し画面最下部の[Update Options]をクリックします。

allinoneseo_googleanalytics

3. 導入結果の確認

導入直後は結果がすぐに出ないのでReal Timeレポートで確認することができます。

その後、Google Analyticsにログインして[REPORTING]→[Real Time]→[Overview]を開き、結果を確認するために自分で自分のWordPressサイトにアクセスするとアクセス結果が表示されるので導入が成功したことがわかります。

analytics_realtime_overview

WordPressのアクセス権エラーの解消

テーマを変えようと思いzipファイルをアップロードしようとすると

Unable to create directory /wp-content/uploads/~~ Is its parent directory writable by the server?

のエラーが出てきました。

nginxの実行ユーザとWordPressの所有者・所有者グループは合わせていたんですが、php-fpmのユーザがapacheのままになっていたので、/etc/php-fpm.d/www.confのuserとgroupをnginxの実行ユーザとWordPressの所有者とグループに合わせてあげて php-fpmの再起動(service php-fpm restart)をすることで解消しました。