早起き生活習慣化までの道のり

以前の投稿[「ちゃんと君を愛してる」](http://blog.22labs.net/iloveu/)で私の朝が4時に始まることを書きましたが、最近エスカレートして3時半には起きるようになってます。
そんな生活をしている私から見た早起きを習慣化するコツのようなものをまとめました。
その前に、
早起き生活はメリットがたくさんありますが、夜型の人もいるし夜の方がはかどることもあるし、夜型の生活しかできない事情の方もいるので早起き生活を試して合わなきゃやらなくていいと思ってるので、早起き生活習慣化にチャレンジてみたい方の参考程度にしておいてください。
## 私のスペック
そもそも私自身が朝型かどうか、というと10代~25歳くらいまでは完全夜型の人間だと思ってました。中学・高校と昼間眠くてほとんど保健室で寝てるような生活でした。原因は夜更かしですが・・・
ただ、朝型生活が習慣化した今思い返すと、小学校のころは夏休みの宿題を最初の1週間で終わらせるために毎朝5時に起きていたので元々朝型の体質なんじゃないかと思います。
## 早起きする理由
簡単です。時間が欲しいからです。やりたいことはたくさんあります。
プログラミングの勉強、英語の練習、ヨガ、ジョギング、他にもギターの練習したい、とか小説を読みたい、とか。
家事をしないと、なんていうMUSTなことのための早起きはつらいだけです。
早起きして家事をしているのは副次的産物です。
で、勉強や運動は夜疲れてからやるより朝の方が効率がよさそう、という論理的な発想からではなく、私の場合、
**夜はビールを飲みたい!**
飲みながら勉強したりヨガしたりましてやジョギングなんかやるだけ無駄なんで**夜は飲む!**に徹しよう!
と自堕落な理由からです。
私が早起きをする最大の理由は「**ビールを飲みたい**」の一言に尽きます!
だいたい、酔って子供寝かしつけてたらそのまま寝ますよ。起きれるわけないですよ。でもやりたいこともある、じゃ、早く寝るんだから早起きするか、という自然(?)な流れなわけです。
## 早起き定着までのコツ
### 1. 早く寝る
これ、当然です。ショートスリーパーでもなければやっぱり6~7時間は寝ないと昼間の仕事に影響します。
### 2. 早く寝るために何かをあきらめる
「飲む!」が最優先です!
飲んだら眠くなります。だから寝てしまえばTVをだらだら見る、ネットをだらだらサーフィンする、という習慣は自然となくなりました。
今では自他共に認めるTVっ子だったのにTVはほとんど見ません。
幸い私は一人宅飲み派です。とはいえ、少なからずお誘いもあるんですが、基本的に月に一回しか飲みに行きません。その代り、その1回を楽しみます。
### 3. 二度寝を許容する
寝起きが悪くてもとりあえず一旦起きます。
どうしても眠ければ本当に起きなきゃいけない時間まで1時間くらい寝なおします。一旦起きて何かしらの一連の動作、私の場合顔を洗う・ココアを一杯飲む、をやれればOKとします。
そうすればそのうち体が慣れて二度寝が必要な日数が減ってきます。(真性の夜型の方は分かりません)
### 4. 好きなことだけをする
やりたいこと、とはいっても勉強や運動の気持ちが乗らない時だってあります。
でもそれをやらないといけないから早起きしないと、と思うと早起き自体が嫌になって布団から出ない、という逃げ道を作ってしまいます。
なので、[早起きをするための基本原則5つ](http://www.lifehacker.jp/2015/08/150818book_to_read.html)にも書いているように起きたい時間に起きれる体になるまではやりたいこと・やらなきゃいけないことの習慣化は考えないようにします。
起きてだらだらネットサーフィンしようがユーチューブをだらだら見ていようがそれはそれでいいものとします。
とりあえず、やりたいことだけをやればいい、と思えば起きた時から気持ちが明るくなります。
### 5. スヌーズ機能はあてにしない
[スヌーズ機能を使っても良いことはない」早起きブームの仕掛人が4時半起きを続けてわかった12のことを語る](http://logmi.jp/84190)でも紹介されていますが、スヌーズで何とか早起きしても体がだるいだけです。
「3.二度寝を許容する」でも書いてますが、とりあえず起きてしまってもう一回寝ちゃえばいいんです。
この時の注意点は「布団(ベッド)ではねるな!」です。
寝すぎます。フローリングの固い床がお勧めです。
## 早起きのメリット
早起きの習慣が定着してくるとこんないいことがあります。
– 目覚まし不要
4時にタイマーしてますが、3時半くらいには自然に目覚めます。
– 深酒回避
早く寝るのでその時間までしか飲みません。飲みたいからとはいえ深酒をしたいわけではないんです。二日酔い大っ嫌いです。
– 空気がきれい
朝散歩・ジョギングをするとわかります。夜するよりも空気が明らかに澄んでいます。
– 朝ごはんがおいしい
4時に起きてりゃそりゃ7時には空腹にもなりますよ。肥満対策として夜ご飯も少なめにしてますし(ビールは別腹)
– 昼間のパフォーマンスアップ
満足した時間を過ごした後なので出勤時からモチベーションも上がってます。
– 寝つきがいい
20時過ぎたころにはもう睡魔が襲ってきます。当然です。
– 時間の有効活用
ネットとTVのだらだら感は今になってみると本当に無駄です。でも朝4時にはTVは大したものもないしSNS上ではみんな寝てます。自分のやりたいことだけに専念できます!
## 最後に
少しは朝型生活移行のための参考になりましたでしょうか?
大事なことはストイックにならないことです。
時にはサッカーの試合を見たくて夜中起きてる時だってあります。無駄といいながら、今でもだらだら朝からネットサーフィンしていることもあります。
それでも、早起きしてジョギングしている最中、ベランダでパソコンとにらめっこしているときに目に入る夜から朝に代わっていく空模様と朝陽は格別です。